横浜での相続・遺言・遺産分割・遺留分・遺産分割のご相談。神奈川県弁護士会所属 女性弁護士のあおば横浜法律事務所(都筑区港北ニュータウン)。

相続人調査

亡くなられた方の法定相続人が誰かを調査します。

相続が発生すると、亡くなられた方の財産は相続人に自動的に承継されます。遺産分割が終わるまで、亡くなられた方の財産は、相続人全員の共有とされるのです。したがって、遺産分割をする場合、相続人全員の合意による必要があり、相続人が一人でも漏れていると、その遺産分割協議は無効になって、最初からやり直しをすることになります。

ほかに相続人がいないと信じて遺産分割協議を行ったとしても、相続人がいることを知りながら一部の相続人を無視して遺産分割協議を行ったとしても、法律的にはその遺産分割協議は無効になってしまうのです。

相続人調査の方法

相続人調査は、亡くなられた方が生まれたときから亡くなるまでの戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍謄本を取得することから始めます。さらに、亡くなられた方の子の戸籍謄本も集めます。戸籍をたどることによって、法定相続人が誰なのかを確定していくことになります。

戸籍謄本・除籍謄本は、本籍地の市区町村の戸籍担当窓口に直接請求するか、郵送で請求することにより、取得できます。本籍地の役所以外では取得できません。

亡くなられた方が親である場合

亡くなられた方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を調査し、ほかに子どもがいないか調べます。

亡くなられた方が祖父母である場合

亡くなられた方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を調査し、その子どもを調査します。亡くなった子どもがいる場合には、さらにその方の孫、ひ孫を調査します。

亡くなられた方が兄弟である場合

亡くなられた方の親が生まれてから亡くなるまでの戸籍を調査し、兄弟が何人いて、誰なのかを調査します。兄弟のうち、亡くなられた方がいれば、さらにその子どもを調査します。

相続人の調査は、手間もかかりますし、親族関係が複雑な場合には、必要な戸籍謄本等を取り寄せるのが難しいこともあります。
弁護士は、裁判手続に必要がある場合等に、戸籍謄本や住民票などを取り寄せる権限を与えられています。当事務所では、遺産分割などの前提問題として、相続人調査についてもお手伝いしています。