横浜での相続・遺言・遺産分割・遺留分・遺産分割のご相談。神奈川県弁護士会所属 女性弁護士のあおば横浜法律事務所(都筑区港北ニュータウン)。

公正証書遺言検索サービス

公証役場で公正証書遺言を作成すると、遺言者に公正証書遺言の正本・謄本を交付され、公証役場において公正証書遺言の原本が20年間保管されます。
亡くなられた方が公正証書遺言を作成したはずだけど、公正証書の正本等が見つからないというような場合や遺言があったかもしれないけれど、詳しくわからないような場合に、最寄の公証役場に問い合わせをすることで、公正証書遺言の有無を調べてもらうことができるのです(昭和64年1月1日以降に全国で作成された公正証書遺言について。なお、東京公証人会所属公証人作成の公正証書遺言は昭和56年1月1日以降、大阪公証人会所属公証人作成の公正証書遺言は昭和55年1月1日以降が検索・照会可能)。

手続

必要書類

  • 被相続人が死亡した事実がわかるもの(除籍謄本、死亡証明書など)
  • 照会する方が相続人であることを証明する公文書(亡くなられた方と相続関係があることを証明する戸籍謄本など)
  • 身分証明書(照会する方の運転免許証、パスポートなど)

手順

  1. 必要書類を公証役場に提出して、公正証書遺言の検索・照会手続を依頼。
  2. 公証役場は、日本公証人連合会に対して、被相続人の氏名・生年月日等の情報を提供し、公正証書遺言の有無や保管している公証役場の検索・照会を依頼。
  3. 依頼を受けた日本公証人連合会は、検索結果を公証役場に対して回答し、回答を受けた公証役場は、照会者に対し公正証書遺言の有無や保管している公証役場を知らせる。
  4. 照会者である相続人は、公正証書遺言が保管されている公証役場に対して公正証書遺言の謄本を交付請求する。