横浜での相続・遺言・遺産分割・遺留分・遺産分割のご相談。神奈川県弁護士会所属 女性弁護士のあおば横浜法律事務所(都筑区港北ニュータウン)。

遺留分

一定の相続人は、相続財産に対し、遺言をもってしても奪うことのできない取り分をもっており、これを遺留分といいます。

被相続人は、原則として、その自由意思に基づいて、自己の財産を生前贈与したり、遺言を遺して特定の人に全財産を承継させることができます。けれども、たとえば、重要な不動産を愛人に贈与してしまったり、すべての財産をある一人の子どもにのみ譲る、という遺言を遺したりすると、その他残された家族は生活に困ってしまうことがあります。

そこで、最低限の相続財産を一定の相続人(配偶者・子供・親)に承継できるように保証しています。これが遺留分です。兄弟姉妹には遺留分はありません。

遺言や生前贈与により、自己の遺留分を侵害されているのがわかったら、1年以内に遺留分減殺請求をする必要があります。

遺留分は相続分の半分です。具体的には

◆ 第1順位
◆ 第2順位