横浜での相続・遺言・遺産分割・遺留分・遺産分割のご相談。神奈川県弁護士会所属 女性弁護士のあおば横浜法律事務所(都筑区港北ニュータウン)。

相続のご相談はぜひ弁護士へ

当事務所の特色

女性弁護士ならではのきめ細かいサービス
「町医者的弁護士」をモットーに、女性弁護士が直接、丁寧にお話しを伺い、十分な打合せを行って、ご納得いただける最善の解決を目指しています。女性ならではのきめ細かいサービスを心がけています。
弁護士だからこそ最終解決まで
弁護士だけが、遺産分割協議の話し合いから、調停裁判手続きまで、代理人となることができます。紛争が最終的に解決するまで、責任をもってご依頼を受けられるのは弁護士だけです。
税理士・司法書士との違い
税理士は相続税申告の、司法書士は相続登記手続きの、専門家であって、それぞれの専門領域に関する法律的知識もありますが、弁護士は相続全般に関する法律と判例の専門家であり、裁判手続の専門家です。
弁護士だからこそ、紛争になりうる可能性や、紛争になった場合の解決方法や解決までの見込みをきちんと説明することができますし、遺言書作成や遺産分割の話し合いにおいて、紛争を予防し、紛争が拡大しないように配慮することができるのです。
多数の実績
当事務所では、遺産分割・遺留分請求の交渉・調停についても、遺言書作成についても、多数の実績があります。安心してお任せ下さい。
トータルサービス
ご相談から、各種調査(相続人調査、財産調査、遺言書の有無の調査)、遺産分割の交渉・遺産分割協議書の作成・遺産分割や遺留分等相続に関する裁判手続への対応、相続手続代行業務(不動産の名義変更、預貯金等の解約払戻し等)に至るまで、相続問題の解決をトータルでサポートしています。
相続手続代行業務
相続手続または遺言執行における、煩雑な諸手続(不動産の名義変更、預貯金等の解約払い戻し等)のお手伝いもしています。信託銀行などより、ご利用しやすい費用でお受けしていますので、お気軽にご相談ください。
成年後見・任意後見もあわせてご相談ください
成年後見や任意後見に関するご相談もお受けしています。思わぬ紛争が生じないように、また、安心した老後を送っていただくために、ぜひ、ご相談ください。
法律お役立ちメモ

事実婚の配偶者は相続できますか?

できません。法律婚と事実婚の大きな違いは相続権の有無にあります。
ただ、亡くなった方に相続人がいない場合には、特別縁故者として、国庫に帰属する前に財産の承継を主張できることがあります。
事実婚の配偶者に財産を遺したい場合には、遺言を書いておくことをお勧めします。

新着情報
2017/08/07 8月14日(月)はお休みをいただきます。 
2016/12/07  冬季休業のお知らせ
12/29(木) 〜 1/5(木)は、年末年始のお休みをいただきます。
ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 
2014/03/12  4月1日より実施されます消費税率の引き上げに伴い、当事務所の税込料金も改定させていただきます。
何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。 
2012/05/30 相続のサイトを開設しました。
ご相談対応エリア

神奈川県の皆様の場合、住所により管轄する裁判所は以下のとおりとなります。

横浜地方裁判所
横浜市(中区、南区、磯子区、金沢区、港南区、鶴見区、神奈川区、港北区、緑区、
青葉区、都筑区、保土ヶ谷区、西区、旭区、瀬谷区、戸塚区、栄区、泉区)
藤沢市、鎌倉市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、綾瀬市、高座郡
横浜地方裁判所 川崎支部
川崎市
横浜地方裁判所 相模原支部
相模原市、座間市、愛甲郡
横浜地方裁判所 横須賀支部
横須賀市、逗子市、三浦市、三浦郡
横浜地方裁判所 小田原支部
小田原市、秦野市、南足柄市、足柄上郡、足柄下郡、平塚市、中郡、厚木市、
伊勢原市