横浜での相続・遺言・遺産分割・遺留分・遺産分割のご相談。神奈川県弁護士会所属 女性弁護士のあおば横浜法律事務所(都筑区港北ニュータウン)。

法定相続人

亡くなられた方と親族関係にあるとしても、必ずしも相続人になれるとは限りません。
民法上、誰が相続人になれるか決められています。遺された親族が誰であるかによって、相続できる人とそうでない人が異なってきます。

法定相続人の優先順位は、@配偶者、A子、B父母、C兄弟姉妹となります。

亡くなられた方に配偶者と子がいる場合

配偶者と子が2分の1ずつ相続します。

亡くなられた方に配偶者と父母がいる場合

配偶者が3分の2、父母が3分の1を相続します。

亡くなられた方に配偶者と兄弟姉妹がいる場合

配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1を相続します。

亡くなられた方に配偶者のみいる場合(子も父母も兄弟姉妹もいない場合)

配偶者がすべてを相続します。

亡くなられた方に配偶者がなく、子、父母、兄弟姉妹がいる場合

子どもがすべてを相続します。

※なお、同じ立場にある人が複数いる場合には、相続分をさらに按分して相続することになります。
たとえば、亡くなられた方に配偶者と子どもが2人いる場合、配偶者の相続分が2分の1、子どもそれぞれの相続分が4分の1(2分の1×2分の1)となります。